エッチしたいを言わない方が実現する。

マーケティング的戦略|д゚)広告による反響営業!シリーズで書きます。

例えば、不動産の営業マンが「成績上げて歩合給が欲しいので買ってください」だなんてお客さんに言うでしょうか??でも、サイトを見てると「僕がエッチしたいので会ってください。」と書く男性がほとんどです。もっと女性に期待を持たせるように書いた方が効果的。

手頃で買いやすいものは説明して、こういう商品です。試しに1ついかがですか?で大丈夫です。食事だけとかメル友・友達募集ならこれでも。

しかし、商品は価格が上がるほど、お客さんの負担やリスクが増えるほど、その商品自体を売り込まない方がいいです。身体の関係が絡む、セフレや不倫。

値段の高い製品は
「この車があったらどこに行きたいですか?」
「ここに住んだらどんな生活がしたいですか?」
のように売り込むそうです。

さぁ、夢を見てもらいましょう。☆(・ω・ノノ゛☆

独身者のセフレ募集なら「遊びに行ったり、女友達に相談しにくいことも話せるようなエッチありの男友達になれたら嬉しいです。」

既婚者のダブル不倫なら「お互いの日常を大切にしつつ、会ってるときは恋人のような関係になれたらいいですね。」

上の年代「このまま、誰にも男性として意識されないのは淋しく感じます。同じような考えの女性と男女の関係になりたいです。」

自己紹介
デートの提案 その後気が合えば・・・
会う前提なら会える曜日と時間帯
よろしくお願いします。

具体例は掲示板例文を見てみてください|д゚)

出会いSNS PCMAX(PCマックス)