カテゴリー別アーカイブ: バイセクシャルな話

バイセクシャルが大多数だと思い込んでいた。

sasint / Pixabay

(;´・ω・)人生最大の勘違い話

ほとんどの人は”異性だけ”が恋愛対象らしい。異性愛者(ノンケ)が世の中の大半。残酷な真実にやっと気づけたのは19歳の時でした。

きっかけは専門学校時代に友人に好きな人を聞いた時でした。目を丸くしてこっちを見ていた友人の顔を今でも思い出します。

ちなみに、この友人もバイセクシャルでした。

私が友人♀に「○○ちゃんのこと好きでしょ?」ってあまりに自然に聞いたので驚いたそうです。

幼い頃からアニメ・漫画でも同性愛をよく見ました。特にセーラームーンのネプチューンとウラヌスは百合界のカリスマです。

近所ではゲイカップルが飲食店をやっていましたし、友人も家にゲイバーのママが遊びに来た話など普通にしてました。

性の目覚めは10歳でした。自慰を覚えたのは初潮よりも前です。オナネタは名探偵コナンです。

10歳 小学校5年生の時には女の子の服を脱がして遊んでいました。「見てみたい(*´ω`)」って言ったら脱いでくれたですよねぇ・・・。お互い見せ合って触ることは無かったです。

中学の時に13歳で初体験しました。同じ部活の女の子です。でも、一回きりでその女の子には他にエッチしてる女の子がいました。

私が浮気相手だったのでしょう。

そして、この本命の子に私は後日誘われました。

女だけの三角関係みたいな感じです。

高校の時のプリクラや写真は女の子にキスしてるものばかりでした。

プリクラ帳には高校生の私の節操のなさがぎっしり詰まっています。3年間片思いしていた女の子とは修学旅行でヤりました。

学校には男同士でしゃぶってる先輩もいました。

そんな恐ろしい私の地元は東京です。

周りには同性愛が溢れてました。

男同士や女同士で恋愛するのは当たり前。

男性が女性を好きになるのも、女性が男性を好きになるのもよくあること。

→みんなどっちも好きなんだ!!(=゜ω゜)ノ

という思考回路です。

「東京には色んな人がいるから相手が話すまでは聞くな。都会の人はドライだから。」

上京組の両親の教えを忠実に守っていたので、周りの人間に土足で踏み込むような質問もせず。

大人になる直前まで、自分が珍しい分類に居ることに気づかずに生きてきました。

今思うと、セクシャルマイノリティにとってこれ以上の幸せな環境は無かったんだと。

”少数派” ”珍しいこと” という意識は今でも無いです。

人生得したなぁと思いながら今日も生きています。

「PCMAXはバイセクシャル女性、レズビアンの会員さんが多いです。」

私はここで日記を中心に活動しています。セクシャルマイノリティ・LGBTの方も多数おりますので自分自身のことも話しやすいです。

PCMAXは会員数1000万人で、女性同士無料で女性限定のコーナーもあります。

登録して驚いたのは、バイセクシャル女性やレズビアンの女性が多いことでした。
女性限定コーナーではピュア・アダルト・ママ友募集が可能です!

私にとっては日常で見せられない自分を出せる場所になりました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールは累計会員数1600万人
ハッピーメールバナー

私は女遊びに何を求めてたんだろう

女性同士のエッチな関係に溺れていた頃の話です。

「バイセクシャルの女です。」

女性関係はずっと派手で乱れていました。

1番古い記憶は10歳。小学校5年生の時に女の子たちと裸の見せ合いをしたことです。触れ合ったのは13歳。中学校2年生の夏です。これが女性経験としては初体験。

ほとんどが身近な女友達たちです。女友達たちは異性愛者(ノンケ)なので、ちゃんと彼女を作ったのは19歳でした。

18歳過ぎて同性愛サイトを始めてからは遊びに拍車がかかり、見ず知らずの女性とホテルに行くようなことが多かったです。

人妻同士の婚外恋愛でも2人付き合いました。妊活のために引退を宣言した28歳まで18年間も女性と肉体的な関係がありました。

「遊びなのか、依存症なのか」

嫌なことがあったり、空虚感が襲うような時に同性愛サイトを開いていました。女性との関係は何か足りないものを埋めるような感覚のことが多かったです。

精神科の主治医に言わせると「母子葛藤が全てのベースにある」らしいです。愛着の部分に問題があるのかもなぁと思いつつ、未だにあまり母親に愛された実感がないままです。

若い頃は自分のことが1番可哀そうと思ってるタイプのクズでした。

「罪悪感」

女性と”彼女と彼女”と言う恋人関係なら、愛があるエッチなので行為後の罪悪感がないです。ただ、ネットから知り合ってすぐホテル行って・・・だと罪悪感や嫌悪感が酷くて大変でした。

家に戻った後で、何時間も泣き続ける。身体を洗い続ける。吐き続ける。などの辛い状態が続いたのを覚えています。

「2年付き合った婚外恋愛の彼女」

短絡的な関係は止めようと、婚外恋愛ですが既婚女性と付き合いました。この彼女は一回りも上で色々面倒も見てくれ、長年”母親に殴られる夢”にうなされてた私に精神科の受診を勧めてくれました。

「今の平穏を維持したい」

色々あり彼女と別れ、夫と子供とのんびり暮らしています。第二子も妊娠中です。精神疾患も3年の通院経て、病気と呼ばれるラインでは無くなりました。やっと地に足のついた生活をしているように思います。

顔色や機嫌を気にするような緊張感が無い、殴られる心配もない穏やかな家庭が欲しかったです。

「PCMAXにも救われてる」

PCMAXで自分がやってきた”女性と出会う方法””ネット恋愛用の掲示板やメッセ”を公開しています。

私は女性とこんなことをやっていた。という暴露。それを男性会員さんが使って上手く行く満足感で、自分自身で女遊びに走らなくてもいい状態を保っています。代替え行為というか。

私が親切で男性のサポートしていると思っている方が多いようですが、どちらかというと自分の為にやっています。

いつか気が済む日まで日記は続けていこうと考えています。

「PCMAXはバイセクシャル女性、レズビアンの会員さんが多いです。」

私はここで日記を中心に活動しています。セクシャルマイノリティ・LGBTの方も多数おりますので自分自身のことも話しやすいです。

PCMAXは会員数1000万人で、女性同士無料で女性限定のコーナーもあります。

登録して驚いたのは、バイセクシャル女性やレズビアンの女性が多いことでした。
女性限定コーナーではピュア・アダルト・ママ友募集が可能です!

私にとっては日常で見せられない自分を出せる場所になりました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールは累計会員数1600万人
ハッピーメールバナー

女性同士で恋人になった後の難しさ。

女性同士も難しい!!

私はバイセクシャルです。元カノは3人います。ちなみに、元カノはみんなレズビアンではなく、バイセクシャルでした。女性と付き合うのはとっても楽しい!

しかし、その反面女性特有の難しさがあります。異性と付き合ったときにはない、困ったことをまとめました。

1.お揃いを持ちたがる。

今までの彼女とのお揃いグッズは・・・指輪 ストラップ ペアリング ブラ&ショーツセット(色違い)

既婚同士で付き合っていた彼女とは↑の指輪以外はやりました。色違いのブラショーツでラブホ行ってたりとか。ラブリーな感じではなく脇肉も胸になる機能的な下着でした(笑)((´∀`))

あと、私はやってないですけど・・・レズビアンの人のコミックエッセイで読んだのは、ピンクローター(ローター2つついてるタイプのもの)の本体に彼女とのプリクラ張っていたらしいです。すごいツワモノ!

2.怒る理由が意味不明

女性同士でも「えっそれで怒る!?」ってわからないことありました。聞けば生理前で不機嫌なだけだったり他のことでイラついてたり(;´・ω・) ”女性の怒りはポイントカード”と言われています。不平不満が限界いっぱいまで貯まると突然最終通告なんてこともあります。

3.自分基準で愛情を測られる

「私のこと好きなら無理してでも会いに来れるよね!?」って遠い場所指定されたことあります。しかも平日の夜遅く。

「明日早いから・・・」って断ろうものなら「私のことはその程度だったの!?」もう勘弁してくれって感じです(´;ω;`)ウゥゥ。相手は割と時間の融通が利く仕事だったのですが、こっちは朝早い仕事で本当に参りました。

4.やきもち

私はほとんど妬きません。だからか強引に妬かせようとする恋人は多かった。(これは男女問わず)

「この前何々ちゃんとデートしちゃったー」とか いや、それ友達でしょみたいな。焼き餅焼かないのに、妬いた振りしないといけない。これは非常に辛いことです。女性は男性に比べると生物学上そんなに妬かないらしいです。だけど、妬くときはすごいですよ。まぁ女性関係が派手だった私も悪いのですが・・・。でも、付き合ってる女性いるときに他の女性とっていうのは絶対にないです。

初めての彼女には振られる時に、「お前がやってきたことは不純同性交流なんだよ!!」とか叫ばれました。過去を吐けっていうから言ったのに・・。

5.これでもさっぱりしているタイプの女性

今まで付き合った女性は普段は口数少ないボーイッシュか中性さんです。言葉遣いは荒く気が強かったです。そういう女性がタイプです。かなり男性的でさっぱりタイプだけれどそれでも女性特有の感情的な部分はあってそれが厄介だった。もしこれがノンケ(異性愛者)の女性的な人ならもっと感情を丸出してくるでしょう。女性会の彼氏の愚痴はすさまじいです。こういう我がままを受け入れるだけの器がないと交際って難しいですよね。もう謝り倒す。負けるが勝ちです。

「最後に」

いかがでしたでしょうか?(=゚ω゚)ノ 少しでも参考になれば幸いです。
ビアンサイト以外にも、女性同士のやり取りにポイントが不要な出会い系で募集するという方法もあります。メリットはプロフィールや日記で自分のことをアピールできる。女性が好きな女性もいっぱい登録しているということです。

PCMAXは会員数1000万人で、女性同士無料で女性限定のコーナーもあります。
ピュア・アダルト・ママ友募集が可能!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールは累計会員数1600万人
ハッピーメールバナー